本文へスキップ

多趣味なのに、拘り派な厄介親父

 
 品名  フリップダウンモニター 
 メーカー  ALPINE 
 品番  TMX-R1050VG 
 説明書
 TMX-R1050VG
 フリップダウンモニターブラケット  
 購入店  前車からの移設 
 購入額
 カロッツェリア用フリップダウンモニターブラケット  4,752円
 RCA接続ケーブル KCE-190V  710円
 アルミ板 300mm×200mm×2mm  1,598円
 超極低頭ネジ M6×20mm  342円
 超極低頭ネジ M4×8mm  323円
 ワッシャー M6×6mm  323円
 取付日  2018.8/8 
 アルパインに確認したところ、手持ちのTMX-R1050VGのハイエース5型用取付けキットは、発売されておらず、現行モニターの取付けキットも使えないらしい。

ハイエースのフリップダウンモニター取付け位置は、少し天井が下がっており、極力薄いブラケットを使わないと、10.2インチのモニターでも、ルームミラーの視界に干渉する可能性がある

どうせルームミラーが見えなくなるなら、もっと大きいモニターを取り付けたい。

試しに、TMX-R1050VGを取り付けることにした。

モニターを天井に仮合わせしたところ、薄いブラケットであれば、ルームミラーの視界は何とか確保できるレベルで取付けられそう

但し、天井の段差から前席側にモニターがはみ出す為、この点も加工が必要

ユーアイビークル製のカロッツェリアTVM-FW1020用フリップダウンモニターブラケットに一手間かけて使用することにした
 使用するブラケット
 上手く加工できれば、このままTMX-R1050VGを使用

失敗しても、10.2インチがルームミラーの視界に干渉しなければ、モニターをVM-FW1020にすればいい。

万が一10.2インチでもルームミラーの視界に干渉するのであれば、大きなモニターにして、ルームミラーはスマートミラーにでも変更するしかないな

ブラケット付属の型紙を天井に貼り付ける
 TVM-FW1020
 型紙の通り、カットする箇所をマジックで印付け

どうせモニターで隠れてしまう箇所なので、結構適当  
    印付けの通り、カッターで、下穴をさくさくカット

ブラケット付属のスピードナットを使ってブラケットを取り付けるのだが、狭くて超大変

スピードナットをラジオペンチで広げてから装着して、取付けたナットを一度しっかりと絞めてから、緩めてブラケットを入れることがコツ
   
モニターをブラケットに併せてみたところ、大変なことに気付いた。

開けた下穴の幅が、手持ちのモニターの幅と、ギリのギリで、一歩間違うとモニター横から穴が見えてしまうレベル

早くも失敗の予感・・・ココロオレソウ 
    このままこのモニターを使う選択が絶望的な状態だが、作業を進める

ブラケットとモニターの穴位置が異なる為、穴位置を変換させる為に、アルミ板を使用

ブラケットのネジ穴位置に併せて、アルミ板に4ヶ所穴あけ
(ブラケットM6ネジなので、アルミ板はφ6.5mmで穴あけ )   
 使用するアルミ板
  
   ブラケットと、アルミ板は、厚みが出ない様に超極低頭ネジ(M6×20mm)で固定

ブラケットと、アルミ板に7mm程度の隙間があるので、スペーサー(6mm)で隙間を埋める 

本来アルミ板をモニターよりも小さくするかっとする予定だったが、天井のカット幅をミスした為、アルミ板の幅を広くして穴を隠している状態
 使用するネジ
 使用するスペーサ
 モニター取付けの為に、アルミ板にタップでネジ穴を作る
モニターのネジに併せて、φ3mmで下穴をあけ、M4のネジ穴を作る(系箇所)
アルミ板が2mm厚ある為、しっかりとネジ穴が機能して、モニターを固定できる 

モニターの配線を通す為、アルミ板を電動ドリルとニッパー、ホビールーターを駆使してカット       
 モニターとアルミ板の固定も超極低頭ネジ(M4×8mm)を使用

天井側にネジが飛び出すのを防ぐ為、ワッシャーでネジの飛び出しを調整
 使用するネジ
 実際に取り付けてみた

アルミ板の横幅が広くモニターからはみ出している。

アルミ板をモニターのサイズに合わせた場合、天井にあけた下穴が下手すると見えてしまいそう。

ブラケットと金属板の取付けに 超極低頭ネジを使用したが、金属板とモニターの間が浮いているので、ここも何か対策したい  
 縦方向はモニターが、前席側にはみ出してします。

わかってはいたが、ここも対策しないと・・・

モニターの配線部分も少し対策した方が良いかな? 
   後から見ると、なかなか良い感じ

ナビと接続しようとしたら、ナビにRCAさすところがないことに気付いた。

リアモニター用のケーブル(KCE-190V)が別売りらしく、急いで注文
 RCA接続用ケーブル
 フリップダウンをオープンにするとこんな感じ 使用ナビ
 気になっていたルームミラーの視界との干渉は、少し干渉していますが、ぎりぎり許せるレベル 
 取り付けた外装に課題は残すものの無事に動作確認完了

カーナビのダブルゾーン機能により、ナビとは別ソースの映像をフリップダウンに映せる。

音声も前席と後部座席で独立させることができて便利

これで、大人と子供で違うソースをそれぞれ楽しむことができる。
 某ショップのデモカーにVM-FW1020が綺麗にインストールされているのを見てしまいました。

このままTMX-R1050VGを使用するか、悩んでしまう。

   使用工具
クリップクランプツール
 
ハンディリムーバー
 
ホビールーター
 ルーター用ビット
インパクトドライバ
 
ドライバービット 
長いドライバー
マグネット式ドライバー 
ドライバードリル
 鉄鋼用ドリルセット
 ラチェットレンチ
ラジオペンチ
 ニッパー
 タップダイス
カッター
 
 マジック
 


ハイエース カテゴリー

  1.    外装
  2.    内装
  3.    電装
  4.    車中泊グッズ
  5.    メンテナンス

公式SNS